移住先の評判はクチコミサイトで情報収集!ネガティブ情報はどこで得る?

調べる

「土地が安いと思って家を建てたら、学区の公立中学が伝統的に荒れていた

「住む場所を便利な国道沿いにしたら、朝の渋滞がひどすぎて通勤が憂鬱」

「祭りで有名な地域だけど、地元民の負担金がこんなに高いとは…」

都道府県別や、市町村ごとの移住情報は、自治体も積極的に情報発信をしていますから、比較的簡単に手に入ります。

でも、実際に住むエリア、学区や町内会ごとの超ローカルな評判や住み心地、土地柄の情報ってどこで調べればいいんでしょうか?

ネガティブ情報はDMで!子育てママさん定番の口コミサイト

最初に押さえておきたいのが、「進研ゼミ」や「サンキュ!」でおなじみのベネッセが運営するコミュニティサイトウィメンズパークです。

ママさんが多いので子育て情報が多く、小児科や産婦人科のクチコミをはじめ、保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校の評判も寄せられています。

実際に利用していたママさんからの情報なので、そこが不安!知りたい!と思うことがクチコミの中に書かれています。

ただし、病院の評判などで悪い感想を書くとクチコミが載らないこともあるらしく、基本「悪いクチコミは掲載されない」と割り切って利用しましょう。

私が助かったのは、移住先の小児科の評判と、保育園選びのための詳細な情報!

使用済みおむつの持ち帰りの有無、先生の質や年齢層、仕事を休む必要がある学校行事の多さ、絵本代や習い事代の金額など、保育園見学の前にある程度数を絞り込むためにとても役立ちました。

地域ごとの掲示板もあり、家族で移住する人や転勤する人が引っ越し先の利便性や土地柄についてよく質問しています。

土地柄や学校の評判など、ネガティブな情報は掲載されない可能性があるので、DM機能を使ってこっそり教えてくれる人もいます。

ウィメンズパーク: 妊娠・出産・育児の悩みや料理の口コミ満載

マップで表示!実際に住んでいる老若男女のクチコミが充実

ママさんだけでなく、男性や大学生、年配の方など色々な視点からのクチコミがチェックできるのが、goo住宅・不動産|街のクチコミ情報です。

不動産情報サイトが運営し、実際に住んでいた人の「満足ポイント」「不安ポイント」を入手できる、街のエリア別口コミ情報サイト。

家族で移住を考えている人は、ママ目線だけでなく他の視点からのクチコミも押さえておきましょう。

子供が大きくなった時、将来自分が老いた時も、その街で暮らすイメージができていますか?

自然たっぷりの子育てに良さそうな村でも、実際に住んでみたら「隣町の中学校まで片道1時間以上」という通学が不便な環境かもしれません。

景色が良い坂の上の街でも、長年住んでいる人から「老人には徒歩移動が大変」というクチコミがあるかもしれません。

goo住宅・不動産|街のクチコミ情報
.

治安の良し悪しの目安には、マップ上に分かりやすく事案情報が掲載されている、各都道府県警察のサイトがオススメです。
移住先の治安の良し悪しってどう調べる? 警察のデータを活用!

やっぱり心配なのは、子供の通う学校の評判!

移住を計画する中で、子供が通うことになる学校の評判は必ず押さえておきたいところ。

筆者のオススメは、保育園・幼稚園から小学校・中学校・高等学校・大学・専門学校まで、日本全国の国公立・私立の学校の偏差値や在校生・保護者の評判を調べることができるこのサイトです。

みんなの学校情報

地方の都市部の中学校とは

政令市や中核市など比較的人口の多い都市部では、学区ごとに学校の雰囲気が大きく異なることもよくあります。

公立中学校は住む場所(学区)で通学先が決まっていますから、伝統的に荒れて評判の悪い中学校の学区では、数少ない私立や国立の中学を受験する子もいます。

逆に公立なのに名門とみなされるような高偏差値の中学校もあり、わざわざ学区内のアパートに引っ越してくる家族もいるほどです。

中山間地域の町や村の中学校とは

中山間地域の町や村では、町内どこに住んでも中学校は1校しかないなど、住む場所による学校の選択肢がほとんどありません

筆者の地元でも、町立中学校が1校のみ。しかも、他の町村に比べて明らかに荒れている中学校(校舎の3階をスクーターが走っていた…色々と理解できない)しか進学先がない状況でした。

町内の公立高校も偏差値が低く、大学進学を目指す子は電車で一時間かけて都市部の高校に通うしかありませんでした。

我が子がどんな学校に通うことになるのか、実際に移住する前に調べておくことは、親の心配の軽減にもつながりますね。