田舎の子供がよくやる遊び、春の雑草ホトケノザの蜜を味わう

子育て

田舎ならではの子供の遊びの一つに、ホトケノザの蜜を吸って楽しむことがあります。

ホトケノザ(仏の座、学名Lamium amplexicaule)とは、シソ科オドリコソウ属一年草あるいは越年草である。サンガイグサという別名も持つ。なお、春の七草に数えられる「仏の座」とは異なる。

wikipedia-ホトケノザ

ホトケノザは田んぼや畑のあぜ、川の土手などに生えている雑草で、春になるとピンクっぽい紫色というかマゼンタ色の小さな花を咲かせます。


こちらでは学校帰りの小学生が、田んぼのあぜに生えてるホトケノザを摘んで遊んでるのをよく見かけるんですが、このホトケノザの花をプチっと引っこ抜いて……


花びらの根元の白いところを口にくわえてチューッと吸うと、ほんのり甘い蜜が出てくるんです。


ホトケノザは田んぼや畑があるような場所ではいくらでも生えてる雑草なので、プチプチむしって「甘〜い!」とチューチューやってる子供らを見て微笑ましい気持ちになります。

「あー私も子供の頃やったなぁ…」と懐かしい・笑

最近では除草剤をまいていたり、犬の散歩コースだと犬のオシッコがついている可能性があるので、場所をよく吟味して花を摘まないと危険ですが…(^_^;)

子供と散歩しながら、いろいろな草花の名前や遊び方を教えてあげられるのも、田舎ならではの良さかなぁと思います。

そういえば、サルビアの蜜であれば都会の子供も吸ったことがあるかな?

小学校の花壇に植えられていて、蜜を吸って遊んでいたら先生に怒られたなんて話を聞きますね・笑