HSCの育児

【進行中3】HSCの子供が他害児のターゲットに! 市役所も頼れずただ逃げるしかない

前回、乱暴な子供のターゲットになってしまったHSC娘が保育園を登園拒否し、夫婦で保育園側と話し合いをしたところ、最初から園長や保育士が泣いて話し合いができなかったと書きました。

【進行中2】HSCの子供がいじめ被害者に! 保育園の対応がひどすぎる前回のブログで、意地悪な女児Tちゃんからの言葉の暴力と、暴力的な男児Eくんからの叩く・蹴るの暴力に、HSC娘がついに登園拒否になり、保育...

保育園トラブルに市役所を介入させた結果

保育園との話し合いの内容を、私は市役所の保健師さんにありのまま話しました。

保健師さんに伝えた内容
  • 冒頭のあいさつの時点で園長がグズグズ泣き出して、話し合いどころではなかった。
  • 保育園側から対応策の話はなく「自分たちも大変なんだ」と逆に愚痴られた。
  • 夫からも「このままだと誰かが大怪我をする」と懸念を伝えてもらったが、園長が泣くだけで何も進展がなかった。

保健師さんには「久慈の名前を出して構わないので、 保育園担当課からきちんと指導をしてほしい。子供が暴力の心配をせず安心・安全に過ごせるようにしてほしい」とお願いしました。

数日後、再度保育園から話し合いの席が設けられました。
私が単独で話し合いを求めたときは、保育園側は平気で一週間放置したのに、市役所が入ったとたんに対応が素早くなったのです。

園長から、キチンと話し合いができなかったことを詫びられましたが、では具体的にどうするのか? という対応策の話はまったく出ませんでした。

めちゃくちゃ無駄な一時間を過ごしました

他害児の被害を受けている子供はどうなるか

私は話し合いで、保育園に以下の要望を伝えました。

久慈家の要望
  • 子供の基本的なしつけの責任は、保育園ではなく保護者が持つべきだと思っている。
  • 今回問題になっているのは「人に暴力をふるってはいけない」という基本的なしつけができていないことが原因だと思う。
  • 他害児の保護者に、子供の基本的なしつけ・または療育について働きかけてもらえないだろうか。

しかし保育園側からは

「逆ギレして話し合いのできない親もいる」

「発達障害疑いの子供を、無理やり診断に連れていく権限は保育園にはない」

「発達障害疑いの子供の件は、市役所のほうに要望を伝えてもらえないか」

という返答でした。

私はそっくりそのまま、市役所の保健師に話を伝えましたが、こちらも

保育園児のことは保育園が保護者に働きかけるべき」

と、対応を保育園に押し付けるような返答でした。

つまり、他害児の被害を受けている子供に対して、どちらもちゃんと対応する気がないんだな、と私は思いました。

久慈家側は「うちの子に絶対にケガをさせるな」と主張しているわけではありません。

保育園ですから、1歳・2歳ごろの噛みつきやおもちゃの取り合いからの喧嘩などは許容範囲内で、たとえそれで娘が少々のケガを負っても、今まで保育園に文句を言ったことはありませんでした。

今回の他害児からの被害は、子供同士の喧嘩ではなく、体格の良い男児から無抵抗の娘に対する、一方的な暴力です。

こんな一方的な暴力を看過するわけにはいきません

追いつめられ、体調不良からの判断ミス

私は悩みました。
来年度、保育園のクラス担任が確実に変わるという言質も取れませんでした。(でも多分辞めるような空気でしたが)

この時点で1月です。保育園の転園申請にはもう間に合いません。
今から転園申請したら、待機児童は確実。

来年度、担任変更と加配(発達障害児のサポートのため、保育士を増員してサポートにつけること)があるかもわかりません。

正直、詰んだな……と思いました。

ストレスのあまり胃炎を起こして会社を休んでしまい、そこでようやく実母に愚痴を聞いてもらうと、実母は
「いざとなったら私が孫を預かるから、保育園は無理して行かせなくていいんじゃない?」
と言ってくれました。

娘に
「今の保育園が嫌だったら、いつでも休んでいい。ほかの保育園にかわることもできるよ」
と話をすると
「とっても仲良しのお友達が2人いるから、保育園はかわりたくない。でも乱暴な子がいてしんどいから、時々お休みはしたい」
という返答でした。

年度末で会社の繁忙期と重なっていたこともあり、疲れ切っていた私は「とりあえず転園は保留、来年度のクラス担任が変わることに望みをつなぐ」という消極的な選択をしてしまいました。

このことは、後になって後悔することになります。

新年度、担任保育士の変更とクラスの実態

年明けから年度末まで休み休み保育園に通っていた娘ですが、新年度はクラス担任が変わり、2歳児クラスで娘の担任だった若い先生が4歳児クラスの担任になりました。

前年度のクラス担任は、予想通り保育園を辞めていました。在籍1年での退職です。
この保育園は、毎年10人弱の保育士が辞めていきます。私は他の保育園の職員事情を知らないのですが、これはかなり人の入れ替わりが激しい保育園なのではないでしょうか。

待機児童の増加に伴う新設園だったので、保育園の評判は系列園しか調べようがなく、系列園のベテラン園長が新設園にスライドすると聞いて「それなら大丈夫かな」「すぐ入れそうだし」とここに入園させましたが、その時点で選択をミスしたのかな、と今になって思います。

娘はよく知っている保育士が4歳児クラスの新担任になったことで、少し元気を取り戻したようでした。

また、加配のパート保育士が2人ついて、20人クラスを担任+加配2人の3人で見るという体制になっていました。4歳児クラスで3人体制はかなり手厚い対応です。

ただ、3歳児クラスの途中で転入児が2名いて、2名とも療育に通っている発達障害児だったので、4歳児クラスで2人加配がついたのだろうな、とは思いました。

それにしてもクラスに発達障害児と発達グレーが多いな、とこの時点で嫌な予感はしました。
療育に通っている発達障害児が3名、発達グレーと思われる子が3名。20人中6人です。

療育は親御さんから直接話を聞いたので確実。
発達グレーは送迎時や参観日で見た中で「暴力衝動がひどすぎる」「いつも勝手に園内を放浪している」うえに、他の保護者の間でも「急にキレて暴力をふるう子」と認識されている子供たちです。

こんなので、保育士3人で大丈夫か?

なんだか不安に思ったのは私だけではありませんでした。

なんと、保育園に子供を通わせながら別クラスの保育士として働いていた保育士ママが、新年度に2人同時に保育園を辞めて子供も退園していたのです。

偶然かもしれません。

でも、娘のクラスは女児ばかりどんどん退園して、2歳児クラスの時に比べて、女児のみ10人→5人になっているんです。

辞めた保育士ママの子供も、2人とも女児です。

この保育士ママの母子退園を知ってから、私と女児親のママ友の間に不安が広がりました。

他害児が多すぎる!? とうとう流血沙汰に

残った女児5人のうち、2人は発達障害グレーの他害タイプ(イライラすると暴力に直結)と放浪タイプ(教室から勝手に出て行ってしまう)で一緒に遊べません。
残りの女児は娘を入れて3人。「お友達がすごく少なくなったの」と娘はこぼしていました。

このクラスに転入してくるのは発達障害男児ばかり。暴力・暴言・唾吐き・下着に手を入れるなどの被害が頻繁に起こっています。

そしてある日、事件が起こります。

ママ友の娘さんが、他害児に顔を蹴られて口の中を切るケガを負いました。

整列して床に体育座りをしているとき、機嫌の悪い他害児Tにいきなり顔を蹴飛ばされ、口の中を切って出血したのです。

ママ友は当然、保育園側と話し合いをしたそうですが「あの園長、アタマおかしいんじゃないの!?」と憤慨していました。

うわあ……と思っていると、うちの娘も別の他害児Eから園庭の築山から突き落とされて転がり落ち、鉄柵で頭を打つという事件が発生しました。

しかもこの事件、保育士からは「転んだので、服を洗っておきました」とだけ報告されていたのです。
私は娘の口から「Eくんに突き飛ばされてお山を転がり落ちて、服が泥だらけになったの。頭を打って動けなくて、先生に助けてもらったの」と聞きました。

どうして、保育士と娘とで事態の認識にこんなにも差があるんでしょうか。

そもそも、年度初めの個人面談の時に、担任保育士には 他害児Eからターゲットにされているから重々気を付けてほしい旨を伝えていました。

他害児Eからは下着に手を入れられて股間を触られたり、逆に性器を娘の顔に押し付けられたり、度重なる暴力被害もあり、かなりの危機感を持っていることも伝えていました。

それなのに、この事件です。

これはすぐに転園させなかった私の判断ミスだな、と娘に申し訳なく思いました

私は保育園をすっ飛ばして、すぐに市役所の保健師に事件を相談しましたが、
「大変でしたねお母さん。娘さんは傷ついていると思うので、抱きしめてあげてください」
という、なんの役にも立たないアドバイスをもらっただけでした。

保育園担当課の職員には「今から転園は無理に決まってる。保育園と話し合いをしてそっちで解決して。保育園が嫌なら幼稚園に行けば? どうせ時短勤務なんでしょ?」という非常に侮蔑的な対応をされて、心が折れました

一応、私の住んでいる自治体は「子育て支援」を喧伝して、子育て世代の移住者をたくさん集めている自治体なんですけどね。
後から分かったことですが、保育園担当課の職員の対応のひどさは、市内の保育関係者の間で有名でした。ひどい態度に泣き出した保護者もいるそうです。

娘は当然のことながら登園を嫌がりました。

そして「Eくんに『嫌だ』『止めて』って言ったら、怒って余計に殴られるから、黙って我慢するしかないの」という娘の言葉を聞き、怒りで体が震えました。

娘の言葉を市の保健師にも保育園の保育士にも伝えましたが、逆ギレが怖くて「暴力を黙って我慢する」という対応を4歳で学習してしまうことの危険性を、彼女たちは理解できないのでしょうか!?

これもすべて私の判断ミスです。娘がお友達と離れることを嫌がっていても、もっと早くこの保育園から脱出するべきでした。

私は、即座に保育園を退園しました。

退園を告げると、またもや園長は泣き出しましたが

泣きたいのはこっちだよ! 子供のケアも、仕事も、どうしてくれるのよ!

と腹が立っただけでした。

発達障害児から他害の被害にあっている子供には、ケアがない現状

これはうちの自治体に限ったことではありませんが、 発達障害児は手厚くケアされるのに、他害タイプの発達障害児から暴力やわいせつ行為、授業妨害を受けている被害者側の子供に対するケアはまったくありません。

小学生で「お世話係」にされ他害児から殴られても我慢せざるを得ない子や、性衝動が抑えられない発達障害児に付け狙われる女児、授業妨害から学級崩壊になり、ほかのクラスより著しく成績が低下するクラス。

そういった被害にあっている子供たちは「相手は発達障害だから我慢しなさい」と、傷ついても何もケアをされないまま育ちます。

そんな子供たちが、発達障害児を差別なく平等に扱うことができるでしょうか?
常に、暴力を振るわれるかもしれない、わいせつ被害にあうかもしれない、と警戒しながら学校生活を送り続けるストレスを、大人たちは甘く考えているのではないでしょうか。

自分の会社の同僚が、急にキレて殴ってくる、女性の下着に手を入れたりトイレを覗くことに執着している。そんなことってありますか? そんな人間と一緒に働き続けなくてはいけないとしたら、すぐにでも転職したくなりますよね?

少なくとも、被害者が何のケアも保護もされないのであれば、被害にあわないように他害タイプの発達障害児からはできる限り遠ざかって生活するしかありません。

もちろん、療育に通わせて頑張っている親御さんもいるのは知っています。
ですが「相手は療育に行っているのだから、殴られても我慢しなさい」という状況では、特に力の弱い子や気が弱い子は、他害児が近づいてきたら、 被害にあわないようにただ逃げるしかありません。

被害者のほうが、多大な労力や経費を負担して、逃げなければいけない。
この現状は本当にいびつでおかしいと思います。